どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、考えた事のアウトプット。

とりわけ書くことがない

このブログに書くようなことがない。

日誌はやめてしまっている。テレワークが始まってからマジで書くネタがない。朝起きて、只管朗読と英単語とシンクシンクをやって、育児しつつテレワークして、筋トレやって、英単語やって、瞑想して寝る。これをコピペするだけの日誌なら、別に書かなくていい。

いや、少し変化はあった。英会話アプリを導入し、妻と二人で英会話の勉強をしている。一緒に取り組むと結構楽しい。

 

なぜブログに書くネタがないのかといえば、テレワークを始めてから、読書の時間がなくなったからだろう。

これまでの暮らしの中で、本をゆっくり読めるのは通勤時間だけだった。今は通勤しない分、家事や育児に時間を使っている。心身の負担は減ったが、やはり本を読まない生活は物足りない。

テレワークは良し悪しあるが、仕事とプライベートの時間が連続しているのは、結構ストレスになる。常時マルチタスク状態だからだ。やはりオフィスに出勤して、仕事は仕事、私生活は私生活、と分ける暮らしが僕には合っていそうだ。 

 

……と、ここまで書いてみたら、なんだか書きたいことが湧き上がってきた気がする。そういうものか。

しかし、そろそろテレワークに戻らなければならない。

 

日誌(200406-

200406月

6時40分頃に起床。瞑想を少しやって、シンクシンク。先週末の日誌はだいぶ適当になってしまったが、1日家にいると日誌を書く暇がないので、まあ仕方ない。

通勤中。歩きながら英単語の音声を聴く。これ、本当はちょっと危ないんだけどな……。TOEICの点数を上げ切ってしまうまで、多少のリスクを取ろう。音量は小さくする。早いところ950点を達成しよう。「使える英語」かどうかも気にしなくていい。これはあくまで錯覚資産だ。

電車内。頭の体操を兼ねて、久しぶりにPythonプログラミングの勉強をする。アルゴリズム的思考は基本情報の勉強でも取り組んでいたので、そこまで鈍ってはいない感じ。この朝の時間帯は、頭の体操か、読書か。日によって変えてもいいな。1日ごとに交代しようか?

 

昼休みは同僚とランチ。

帰宅中。サイバーセキュリティ関係の本を買って、電車の中でざっと読む。

帰宅後は休んで、11時頃に就寝。

 

日誌(200330-200405)

200330月

6時20分頃に起床。瞑想を少しやったあと、英単語の復習と、シンクシンク。難題だった「ぴったりキューブ」と「コロコロスタンプ」どちらもクリアが見えている。が、期限は明日まで。行けるか?

通勤中。予定を変更して、『夜と霧』を読む。必要から来る読書のみでは、心が麻痺してくる。たまには読みたいものを読もう。しかし、一気に読まず、少しずつ。食べ物をよく噛んで飲み込むように、ゆっくりと。

昼休みは今年の東大の入試問題を眺める。これを解けるようになることが、独学における長期目標の1つ。

帰宅中は音楽を聴いてリラックス。

帰宅後。只管朗読と英単語。

瞑想して12時頃に就寝。

 

200331火

6時10分頃に起床。

瞑想して、英単語、シンクシンク。残念ながら目標クリアならず。悔しいが、最後に自己ベストも更新できたので達成感もある。この1ヶ月で良いメンタルローテーションの訓練ができたと思う。シンクシンクには無料で遊べる部分もあるので、地道に継続していこう。

 

通勤中。英単語の学習を30個進めて、『夜と霧』の続き。

異常な状況では異常な反応を示すのが正常なのだ。p.30
たとえば「買い占め」の如き集団心理を、理性的に非難することは簡単だが、いざ自分が「買い占めなければ死ぬかもしれない」という側に回った時、同じように冷静でいられるか。少なくとも「買い占めたい」という感情は湧いてくるはずだ。そのような感情すら起こさず、徹底して統計的に思考し行動しきれるというのなら、果たして、それは正常と言えるのか。「ホームズシステム」を獲得した人間ならば、しかし、そうするのだろう。あるいは、悟った者ならば。

 

昼休みは同僚とランチ。

帰宅中は音楽を聴いてリラックス。

帰宅後は、只管朗読と英単語の復習。

瞑想して12時頃に就寝。

 

200401水

6時45分頃に起床。瞑想。最近、子供に起こされるでもなく、自然と目が覚める。一応7時に目覚ましをセットしているが、スマホではなく、テレビのオンタイマーを利用。スマホは寝室の外に置いている。睡眠の質が少し上がった気がする。

通勤中。シンクシンクのあと、英単語の学習を30個進める。シンクシンクは、やはり1日1題しかできなくなってしまったが、まあ今のところ十分だろう。すべてクリアし尽くし、かつ自己ベストも頭打ちになったら、課金してもいいかもしれない。

 

昼休みは同僚とランチ。

帰宅中は音楽を聴いてリラックス。

帰宅後は檸檬堂を飲みつつのんびりして、12時頃に就寝。

 

200402木

未明に子供の夜泣きで一度起きた後、7時頃に起床。

通勤中。シンクシンクをやる。その後は『プロパガンダ戦史』を読む。

昼休みは同僚とランチ。

帰宅中は音楽を聴いてリラックス。

帰宅後もゆっくりする。職場環境が変わって、ストレスが高い状態にある。コロナも収まる気配がない。1ヶ月は勉強はサボってもいいことにしよう。継続するためには無理をしない。

寝る前にアンイーブンスクワットを14回、8回。

瞑想して、12時30分頃に就寝。

 

200403金

6時50分頃に起床。シンクシンクをやる。

在宅勤務。

夜は只管朗読、英単語、筋トレ、瞑想のセット。ニーリングプッシュアップを20×3。

12時頃に就寝。

 

200404土

6時45分頃に起床、シンクシンク。

 英単語の勉強と只管朗読。

10時頃に就寝。 

 

200405日

7時30分頃に起床、シンクシンク。

英単語の勉強と只管朗読。

11時頃に就寝。

日誌(200323-200329)

200323月

6時30分頃に起こされる。これどうにかならないか。結構しんどい。

疲れがあったので只管朗読は行わず。着替えながら片手間にやるより、一度に短時間でも集中した方が効果ありそうだよな。どうするか。

 

通勤中。シンクシンクをやる。「コロコロスタンプ」は不調だったが、「ぴったりキューブ」は記録更新。今週中にはクリアしたいところ。

続いて、TOEIC教材のディクテーション。電車内であっても、音声データを入れたスマホ1つあれば気軽に取り組める。本当に良い時代になった。wasとhas、aとtheを聞き違えた。このミスについていえば、重要なのは文法だな。

 

昼休み。計画仮眠を取って、セキスペの勉強。前にセマネは合格したが、もう2年も前のことなので、セキュリティの基礎から覚え直しだ。まずは「情報セキュリティの三要素」の復習から。機密性、完全性、可用性。

帰宅中。TOEICのディクテーションをやる。landlordが聞き取れなかったが、他は大体わかった。

帰宅後。風呂で子供に「情報セキュリティの三要素」を説明。

寝かしつけの後、筋トレ。アンイーブンスクワットを10回2セット。体を最後まで下ろしきれ。自分を甘やかすな。フォームに改善すべき点はあるが、脚部は順調に強化されている。楽しい。

赤ワインを飲んで、12時頃に就寝。

 

200324火

6時に起こされる。やけくそで遊びに付き合った。意外と眠気はない。仕事と育児と、どちらが大事かって、どう考えても育児だ。仕事は他にもあるが、子供は一人しかいない。だから、寝不足でも構うものか。もうやけくそだ。

今日は妻が友達と遊ぶので、こちらは休暇を取って子供の世話。とはいえ、だいぶ手はかからなくなっている。一人遊びをしている間に、只管朗読を行う。

お昼を食べた後、隣駅の本屋へ行き、TOEIC用の単語帳を調達。語彙力の強化は、単純ながらも点数を底上げするはずだ。ついでにマルウェア解析の本を買ったが、今の自分にはレベルが高すぎる。

 

なんだかやる気が起きない。こういう時、大体疲れが溜まってる……って最近こればかりだ。でも疲れているのは間違いなくて、それが表に出てくる頻度が増しているということ。良くない。

睡眠が取れてないんだろう。11時には寝たいが、やりたいこともたくさんあって、イライラする。上手くいかない。

 

筋トレをして、気持ちが落ち着いた。ニーリング・プッシュアップを20回、20回、14回。筋トレは、いつだって達成感をくれる。やればやっただけ応えてくれるし、前に進んでいる感覚が得られる。

最近、また自分に対して「求めすぎ=貪」の状態になっていたと思う。学生時代に「勉強」というものを初めてこの方、ずっと理想と実態の乖離に苦しんできたが、いまだに続くんだな、これが。こんなものは終わらせたい。

 

只管朗読、TOEIC教材の音読、単語帳を1ページ。

12時頃に就寝。

 

200325水

3時に一度起き、7時に起床。只管朗読と単語の復習テスト。

通勤中。シンクシンクは「ぴったりキューブ」は記録更新。どこに着目すればいいかわかってきた気がする。一方で「コロコロスタンプ」はスランプ気味だ。落ち着いてゆっくり考えるところからやり直そう。その後はディクテーション。walkとworkを聴き間ええた。

昼休み。空腹だったのでいつもより多めに食事をとる。そのあとは計画仮眠。勉強はお休み。

帰宅中。音楽を聴いて過ごし、ストレスマネジメント。

帰宅後。都知事の会見を聞く。これから何が起こるんだろう。戦争の前ってこんな雰囲気なのかな、と思う。勉強はせず。

11時30分頃に就寝。

 

200326木

6時30分頃に起床。

通勤中。シンクシンクをやる。続いてディクテーション。知らない単語や表現が出ても囚われずに聴き続け、文全体の意味を把握すること。

昼休み。疲労があったのでぼんやりして過ごす。セキスペの勉強を少しだけ。

帰宅中。英単語帳を進める。

帰宅後。只管朗読をやる。

11時30分頃に就寝。

 

200327金

6時30分頃に起床。只管朗読。

通勤中。シンクシンク、ディクテーション、単語帳。

昼休みは返上で仕事。

帰宅中。単語帳の音声を聴く。

帰宅後は特に何もせず、11時30分頃に就寝。

 

200328土

6時30分頃に起床。英単語の復習。シンクシンク。

仕事の疲れか、気力が尽きている。コロナの影響で無意識に受けているストレスもありそう。東京に通勤したくない。

子供が寝ている間に、ディクテーション、筋トレ。アンイーブンスクワットを12回、10回。

11時頃に就寝。

 

200329日

6時30分頃に起床。英単語とシンクシンクをやる。只管朗読も少し。

子供が寝ている間にディクテーション。

寝かしつけたあと、筋トレ。ニーリングプッシュアップを20回3セット。

只管朗読と、英単語の復習と、勉強の計画を考えて、瞑想して12時頃に就寝。

 

 

 

日誌(200316-200322)

200316月

7時に起床し、只管朗読を10回。夜は大体15回目安だから、4日で100回読める計算か。只管朗読は「一課あたり1000回読む」という取り組みなので、まだまだ先は長いが、やればやっただけの積み重ねにはなる。本当はもっと効率的な方法があるんだろうが、とにかくやってみたいので、やる。こんな方法を試す人はそんなに多くないだろうし、思ったほどの苦行でもない。ポケモン努力値稼ぎみたいで、むしろ結構好きだ。

 

通勤中。まだ空気は冷えているが、すっかり春の陽気だ。電車内でシンクシンクをやったあと、週間レポートを作る。カテゴリを「読書と独学の見取り図」のとおりに変更した。

『朝イチ〜』の「膝下冷温水」の部分を参照。風呂の最後に、膝下に冷水→温水をかけるのを三回繰り返す、という方法。よくわからずやっていたが、「自律神経による血管収縮・弛緩の働きを鍛える」というのが目的らしい。自律神経の働きを鍛えるなら、いろんな効果がありそう。

続きを読む

週間レポート(200309-200315)

人格

  • 反応しない練習

 

CPU

心身を整える

  • 朝イチのメールが残業を増やす
  • 筋トレ(片足スクワット、腕立て伏せ)
  • 瞑想

精密に思考する

  • シンクシンク

効果的に伝える

  • 只管朗読(英語による意思疎通を見据えての取り組みなので、ここに入れておく)

 

ストレージ

特殊資料

  • 情報処理安全確保支援士のテキスト

一般資料

  • 音楽入門(この類の本をどこに位置付けるかは難しいが、とりあえずここで)

 

コメント

この週は主に旅行後の疲労回復に充てたので、取り組みは少なめと思う。そろそろ『原始仏教』を読みたいのと、『i』を再読したい。

読書と独学の見取り図(200314版)

子供が寝ている隙に、現時点でのどくどく記の見取り図を作っておく。

大まかに、人格、CPU、ストレージに大別。


人格

自身の存在のすべてを包括し統一するものは、人格だろう。どれだけ高い能力を持とうと、「愛がなければ、無に等しい」。

そして、人格を陶冶するものは、他者との関わりだろう。具体的に言えば、日々の暮らし、育児、仕事、友人たちとの付き合い。ここに「読書」を加えることができる。なぜなら、読書は「著者との対話」という要素を持っているからだ。

特に小説は、何かを知るためというより、他者との対話のために読みたい。ただし、文芸作品としての小説は、鑑賞に力点を置いた読み方も可能。詳しくは後述の「CPU」で。

『反応しない練習』には学ぶところが多い。


CPU

心身を整えた上で、精密に思考し、それを効果的に伝達する。これは、社会がどんなに変わろうとも、決して廃れることのない人間としての普遍的な能力だろう。だから、投資する価値がある。

(1)心身を整える

主に食事、瞑想、筋トレがこれにあたる。サブとして、カフェイン断ちをしてみたり、風呂の入り方を工夫したり、仕事の組立て方を工夫したり。

(2)精密に思考する

思考は普段、雑で大味だ。これを精密な過程に変えていきたい。『シャーロック・ホームズの思考術』的に言えば、脳内の「ワトソンシステム」を「ホームズシステム」に作り替えていく。思考パターンを作り替えることは可能だ。自分がそう信じるならば。このようなマインドセットの重要性は『超予測力』でも指摘されている。

また、芸術作品の鑑賞は、精密な思考に先立つ観察力を鍛えることにつながる。「知覚の技法」や『ナボコフの文学講義』など。

(3)効果的に伝達する

発信なき思考に意味はない、なんて極論を言うつもりはないが、やはり、自分が伝えたいことを人に理解されるように伝えられたら、人生は豊かになるだろうと思う。文章でもそうだし、口頭でも。


ストレージ

思考を行うためには、情報が必要だ。情報は、『アイデアのつくり方』で言うところの「特殊資料」と「一般資料」に大別できる。

また、脳内のストレージと、外部ストレージを分けて管理する必要があるだろう。そのあたりの工夫もしていきたい。

加えて、「ストレージに情報を入れるプロセス」すなわち「勉強法」それ自体も、独学の対象となりうる。「青ボールペン+穴あけ勉強法」は、自分に合った方法だった。

 


だいぶ殴り書きだが、子供が起きそうなのでとりあえずこんなもんで。

 

日誌(200309-200315)

200309月

7時頃に起床し、只管朗読。そういえば昨晩、『朝イチのメールが残業を増やす』で解説されていた「朝すっきり起きられる風呂の入り方」を実行したが、効果の程は不明。

今回の旅行は相当疲れた。この1週間は、回復に充てよう。季節の変わり目でもあるから、絶対に無理をしないこと。良質な睡眠の確保が最重要だ。

 

通勤中。「シンクシンク」をやり、『朝イチ〜』の二章を読む。この本の内容は、少しずつ試して行こう。一気に最大効率を目指すのは愚かだ。漸進的に改革していくこと。

歩きながら英会話の音声を聴く。この取り組みはどうなのかな……。一見時間の有効活用にも見えるが、歩行時間はむしろ「反応しない練習」の実践や、観察力の強化に充てた方が効果的な気もする。何より、耳を塞いで歩いていると危ない。

続きを読む

週間レポート(200302-200308)

読んだ本/参照した本

只管朗読

  • 『Sunshine 2』のLesson7

心身の健康

  • 反応しない練習

思考過程を磨く

統計と実存のあいだ

  • 音楽入門
  • 感染症パニック」を防げ! リスク・コミュニケーション入門
  • 異端の時代


読みたい本

  • 国語学原論
  • 超予測力:途中になっていたので、そろそろ再開したい。
  • BUTTER


購入した本

  • 朝イチのメールが残業を増やす

 

取り組んだこと

  • シンクシンク
  • 筆記開示:よくわからんけど効果ありそうだし、続けてみたい。今回は1日だけでストップしたが、確か4日続ける必要があるとか。
  • 筋トレ:片足スクワットができるようになったので、まずはこれを極めていこう。